MENU
    WordPress設定

    Cache Enabler ページ表示速度高速化キャッシュプラグイン 設定方法と使い方

    Cache Enabler ページ表示速度高速化キャッシュプラグイン 設定方法と使い方 アイキャッチ

    ワードプレス(WordPress)のブログサイトのページ表示速度の高速化に役立つプラグインCache Enablerを解説します。

    この記事を見ることで得られるメリット
    • Cache Enablerの使い方と詳細な設定方法がわかります

    Cache Enablerで実現できること

    ブログサイトのページデータを、利用者側からの要求アクセスがある度にWebサーバから生成して出力していると無駄が多くサーバーのリソースを消費することになるので表示速度が遅くなります。

    そこでページの生成データをキャッシュ化して予め蓄えて置き、同じページへの表示要求があった場合はキャッシュデータから出力することで、ページ表示速度の高速化に貢献してくれるのがCache Enablerプラグインです。

    • ページ表示速度向上の設定が簡単にできます

    Cache Enablerのインストール方法

    Cache EnablerプラグインをWordPressにインストールする方法を解説します。

    WoredPressのダッシュボード(管理者画面)の新規プラグイン追加画面WoredPressのダッシュボード(管理者画面)の新規プラグイン追加画面
    1. WordPressのダッシュボード(管理者画面)の「プラグイン」をクリックします
    2. 「新規追加」をクリックします
    3. 検索ボックスに”Cache Enabler”と入力すると下に検索結果が表示されます
    4. ”Cache Enabler”の「今すぐインストール」ボタンをクリックします
    “Cache Enabler”のインストール完了画面“Cache Enabler”のインストール完了画面

    ↑Cache Enablerのインストールが完了すると有効化ボタンが表示されるのでクリックします。

    "Cache Enabler"を有効化すると表示される画面“Cache Enabler”を有効化すると表示される画面

    これでCache Enablerのインストールと有効化は完了です。

    Cache Enablerの設定と使い方

    Cache Enablerの設定画面はダッシュボード(管理画面)にある「Cache Enabler」です。

    WordPressのダッシュボード(管理画面)WordPressのダッシュボード(管理画面)

    ↑Cache Enablerの設定画面はWoredPressのダッシュボード(管理者画面)の「設定」内の「Cache Enabler」をクリックします。

    Cache Enablerの設定

    Cache Enablerの設定画面はシンプルに1つだけしかありません。

    Cache Enablerの設定画面Cache Enablerの設定画面

    基本的にはすべて初期設定状態のままでも大丈夫です。

    キャッシュの動作(Cache Behavior)

    EXPIRATION(キャッシュの有効期限)
    キャッシュの有効期限を設定できます。

    •  

    初期設定のままでなにも数値を設定しない場合は記事を更新する度に手動でキャッシュを削除する必要があります

    CLEARING(キャッシュのクリア)
    ここでは前出の有効期限以外でキャッシュをクリアする条件を指定できます。

    どこにもチェックマークを入れる必要はありません。初期設定の状態のままでOKです。

    VERSIONS(バージョン)

    モバイルデバイスとGzipは有効にすることをおすすめします。

    MINIFICATION

    •  

    先頭のチェックボックスにチェックを入れると、キャッシュされたページのHTMLを縮小することができます。
    真ん中の選択肢はインラインCSSとJavaScriptを除く(excluding)または含む(including)かを選択できます。

    コード最適化プラグインのAutoptimizeを利用している場合は機能が被るので有効にしようとしてもエラーが表示されて有効になりません。

    他のコード最適化プラグインを利用している場合は同様に機能がバッティングを起こして不具合の原因になるので当項目の設定は不要です。

    Cache Enablerのキャッシュを手動で削除する方法

    Cache Enablerのキャッシュを手動でクリアするのは簡単です。

    管理者でログインしているとブログサイトのヘッダー部分にClear Page Cache または Clear Site Cache ボタンが表示されるので、それを押すだけでキャッシュを削除できます。※確認メッセージ等は無く即削除されます。

    管理者でログインするとヘッダー部分に表示されるキャッシュクリアボタン管理者でログインするとヘッダー部分に表示されるキャッシュクリアボタン

    エラーが表示された場合の対処方法

    Cache Enablerを有効化して使おうとすると発生する可能性があるエラーの解決方法を解説します。

    define( ‘WP_CACHE’, true );の記述が無い場合

    Cache Enablerの設定画面に下記のエラーが表示された場合の対処方法を解説します。

    Cache Enablerの設定画面に表示されるエラーメッセージCache Enablerの設定画面に表示されるエラーメッセージ

    Cache Enabler requires define( ‘WP_CACHE’, true ); to be set. Please set this in the wp-config.php file (must be before require_once ABSPATH . ‘wp-settings.php’;).

    ”Cache Enablerプラグインにはwp-config.phpファイルに define( ‘WP_CACHE’, true );の記述が必要です。ただしrequire_once ABSPATH . ‘wp-settings.php’;の前に記述する必要があります。”と書かれています。

    wp-config.phpファイルにdefine( ‘WP_CACHE’, true );を記述する

    解説方法は /home/ドメイン名/public_html のディレクトリにある wp-config.php ファイルを編集してdefine( ‘WP_CACHE’, true );を記述するだけです。

    wp-config.phpファイルの保存場所wp-config.phpファイルの保存場所
    wp-config.php ファイルの編集画面wp-config.php ファイルの編集画面

    wp-config.php ファイルの先頭にある<?phpの直下にdefine( ‘WP_CACHE’, true );を入力します。最後に更新ボタンを押して保存します。

    wp-config.php ファイルの編集はWordPressのテーマーファイルエディターを利用する方法と、レンタルサーバーのファイル管理機能を利用する方法の2つありますが、どちらの方法でも大丈夫です。

    advanced-cache.phpが残っている場合

    advanced-cache.phpファイルが残っていると表示される警告advanced-cache.phpファイルが残っていると表示される警告

    以前にもキャッシュ用プラグインを利用していた場合は /home/ドメイン名/public_html/wp-content に advanced-cache.php ファイルが残っているという警告が表示される場合があります。

    原因は同じキャッシュ用のWP Super Cacheプラグイン等を削除しないでCache Enablerを有効化した時に発生します。

    advanced-cache.phpファイルを削除するだけで解決

    解説方法は簡単です。

    /home/ドメイン名/public_html/wp-content のディレクトリにある advanced-cache.php ファイルを手動で削除するだけです。

    advanced-cache.php ファイルの保存場所advanced-cache.php ファイルの保存場所

    Cache EnablerとWP Super Cacheの速度を比較

    キャッシュ用プラグインのWP Super CacheとCache Enablerの速度の違いを表示速度検証サイト「PageSpeed Insights」を使って比較してみました。

    結果はWP Super Cacheのほうがモバイルのパフォーマンススコアが約0.5ポイント高い結果になりました。

    スマホ環境の表示速度の結果

    WP Super CacheとCache Enablerをそれぞれ「PageSpeed Insights」で各50回計測した結果は下記の通りです。

    どちらも同じ条件、同じ投稿ページで検証しています。

    • WP Super Cache:平均値:84.06、最小値:75、最大値:87
    • Cache Enabler:平均値:83.57、最小値:64、最大値:89

    ※使用しているレンタルサーバーやWordPressテーマ、プラグインなどの環境の違いによって結果は異なります。

    まとめ

    Cache Enablerはとくに設定しなくても有効化するだけで簡単に効果を発揮できることが最大のメリットです。

    しかも同じ機能のキャッシュプラグイン「WP Super Cache」と同じぐらいブログサイトの表示スピードを改善させる性能を誇っています。

    いっぽう、Cache Enablerの最大のデメリットは使っているWordPressテーマや、以前使っていたキャッシュプラグインの残骸が残っているとエラーが発生して上手く動作しないことがある点です。

    しかし、そのような事態になっても当記事を参考にすれば解決できるので大丈夫です。

    Cache Enablerはコード最適化プラグインの「Autoptimize」と組み合わせて使うと相性が良いのでおすすめです。

    「Autoptimize」の詳細な情報と設定方法はこちらの記事を参考にしてください↓
    Autoptimize コードを最適化して高速化するプラグイン 設定方法と使い方

    「WP Super Cache」のの詳細な情報と設定方法はこちらの記事を参考にしてください↓
    WP Super Cache ページ表示速度高速化キャッシュプラグイン 設定方法と使い方