WordPress設定

Most And Least Read Posts Widget 最も読まれた投稿と最も読まれなかった投稿を表示するプラグイン 設定方法と使い方

Most And Least Read Posts Widget 最も読まれた投稿と最も読まれなかった投稿を表示するプラグイン 設定方法と使い方 アイキャッチ

この記事を読むのに必要な時間は1分です。

ワードプレス(WordPress)のMost And Least Read Posts Widgetプラグインの設定方法と使い方を解説します。

この記事を見ることで得られるメリット

  • Most And Least Read Posts Widgetの使い方と詳細な設定方法がわかります

Most And Least Read Posts Widgetで実現できること

 Most And Least Read Posts Widgetを導入すると、最も読まれた投稿と最も読まれなかった投稿を表示させることができます。

ウィジェット機能とショートコードを使って任意の場所に表示できます。

Most And Least Read Posts Widgetの機能

Most And Least Read Posts Widgetの主な機能は下記の2つです。

  • 最も読まれた投稿と最も読まれなかった投稿を表示
  • 記事のビュー数(表示数)を記事内に表示

Most And Least Read Posts Widgetのインストール方法

Most And Least Read Posts WidgetプラグインをWordPressにインストールする方法を解説します。

  1. WordPressのダッシュボード(管理者画面)の「プラグイン」をクリックします
  2. 「新規プラグインを追加」をクリックします
  3. 検索ボックスに”Most And Least Read Posts Widget”と入力すると下に検索結果が表示されます
  4. ”Most And Least Read Posts Widget”の今すぐインストールボタンをクリックします
WoredPressのダッシュボード(管理者画面)の新規プラグイン追加画面WoredPressのダッシュボード(管理者画面)の新規プラグイン追加画面

↑Most And Least Read Posts Widgetのインストールが完了すると有効化ボタンが表示されるのでクリックします。

“Most And Least Read Posts Widget”のインストール完了画面“Most And Least Read Posts Widget”のインストール完了画面
"Most And Least Read Posts Widget"を有効化すると表示されるプラグイン画面“Most And Least Read Posts Widget”を有効化すると表示されるプラグイン画面

これでMost And Least Read Posts Widgetのインストールと有効化は完了です。

Most And Least Read Posts Widgetの設定と使い方

Most And Least Read Posts Widgetプラグインを有効化するとダッシュボード(管理画面)の設定の中に「Most read posts」が表示されます↓

ダッシュボード(管理画面)の設定の中にある「Most read posts」ダッシュボード(管理画面)の設定の中にある「Most read posts」

Most And Least Read Posts Widgetの設定項目

Most And Least Read Posts Widgetには下記の設定項目があります。 ※一部の項目名は日本語に翻訳しています。

  • Most read posts(最も読まれた投稿): 位置やCSSスタイルの変更

設定画面はすべて英語表記なので、以降はすべて日本語に翻訳した画像を載せています。 ※画像の設定は全てデフォルトの状態です。

Most read posts

Most And Least Read Posts Widgetプラグインの記事のビュー数表示設定画面Most And Least Read Posts Widgetプラグインの記事のビュー数表示設定画面

↑この設定画面は最も読まれた投稿と最も読まれなかった投稿とはまったく関係ありません。投稿記事のビュー数(表示数)を記事内に表示する設定です。
具体的な手順は後述しています。

Most And Least Read Posts Widgetプラグインの使い方

ここからはMost And Least Read Posts Widgetプラグインの実際の使い方を解説します。

  • ウィジェット機能を使って最も読まれなかった投稿を表示
  • ショートコードを使って最も読まれなかった投稿を表示
  • 記事のビュー数(閲覧数)を表示

ウィジェット機能を使って最も読まれなかった投稿を表示する手順

  1. WordPressのダッシュボード(管理者画面)の「外観」→ 「ウィジェット」に入る
  2. 任意の箇所で「ブロックを追加」を押す
  3. 「すべて表示」を押して”Tilted Tag Cloud”を選択
  4. パラメータを適宜変更し、最後に更新ボタンを押して保存する
ウィジェットにある"Least Read Psts"ウィジェットにある”Least Read Psts”
ウィジェットの"Least Read Psts"設定項目入力画面ウィジェットの”Least Read Psts”設定項目入力画面

↑見出しタイトル、最大表示数、除外キーワード、何日前の投稿をカウントするか、ビュー数の表示/非表示を設定できます。

ウィジェット機能で表示させた最も読まれなかった投稿の確認

ウィジェット機能を使って記事下部に表示させた最も読まれなかった投稿ウィジェット機能を使って記事下部に表示させた最も読まれなかった投稿

↑ウィジェット機能を使って記事下部に表示させた最も読まれなかった投稿です。

ショートコードを使って最も読まれなかった投稿を表示する手順

下記のショートコードを表示させいたい場所に貼り付けます。

[most_read_posts type=”least”]

ショートコードで表示させた最も読まれなかった投稿の確認

ショートコードで表示させた最も読まれなかった投稿ショートコードで表示させた最も読まれなかった投稿

記事のビュー数(閲覧数)を表示する手順

先ずは、WorPressのダッシュボード(管理画面)の設定の中にある「Most read posts」を選択します。

Most And Least Read Posts Widgetプラグインの記事のビュー数表示設定画面Most And Least Read Posts Widgetプラグインの記事のビュー数表示設定画面

↑画像の設定画面の上から順に下記の内容を入力します。

  • 投稿のヒットを表示:✅
  • 位置:ポストの上のみ
  • 表示されるテキスト:この記事は既に(番号)回読まれています
  • CSSスタイル:font-style:normal; font-size:1.2em;

 

記事のビュー数(表示数)の表示確認

記事の上に表示された当該記事のビュー数(表示数)記事の上に表示された当該記事のビュー数(表示数)

↑このように何回記事が閲覧されたのかを表示することができます。

実際にMost And Least Read Posts Widgetを使った感想とメリットデメリット

実際にMost And Least Read Posts Widgetを使ってみた感じたメリットとデメリットです。

Most And Least Read Posts Widgetのメリット

ウィジェット機能とショートコードを使って最も読まれなかった記事、または最も読まれた記事を表示することができるので、利用者の利便性が向上します。

さらに、記事が何回見られているのかを記事内に表示させることができるので、人気の有無を把握することができます。

Most And Least Read Posts Widgetのデメリット

最も読まれた記事と最も読まれなかった記事を表示する際に、WordPressテーマによっては見出し文字が見難い場合があります。
改善にはCSSなどを使って自力で調整する必要があるので初心者にはハードルが高いことがデメリットです。

まとめ

Most And Least Read Posts Widgetプラグインは最も読まれた記事や最も読まれていない記事を表示させたり、記事内に閲覧数を表示させることができます。

最も読まれない記事を表示させるのはユニークな機能ですが、それ以外の機能は他のプラグインでも代用できます。

なので、通常はあまり利用する機会のないプラグインです。